top of page
  • 執筆者の写真qinowa

シェアサロンでステップアップ開業







自由診療で稼ぐ

日本で鍼灸院を経営する際に、保険診療と自由診療のどちらが利益を上げやすいかは、対象となる顧客層や地域、サービス内容などによって異なります。以下に、それぞれのビジネスモデルとメニュー料金について説明します。

  1. 保険診療 保険診療は、国の医療保険制度を利用して、患者の負担を軽減することができるため、幅広い層の患者にアクセスしやすくなります。しかし、保険診療では診療報酬が国によって決められているため、料金設定の自由度が低くなります。また、保険診療は施術内容や回数に制限があることが多いため、利益率が低くなる可能性があります。

メニュー料金の例:

  • 保険適用の鍼灸施術: 患者負担額 10-30% (国が決めた診療報酬に基づく)

  1. 自由診療 自由診療では、保険制度に縛られずに、オリジナルのメニューや料金設定ができます。これにより、高付加価値な施術やサービスを提供することが可能で、利益率が高くなる可能性があります。ただし、患者の負担が大きくなるため、顧客獲得が難しくなることがあります。

メニュー料金の例:

  • 基本鍼灸施術 (60分): 6,000円~10,000円

  • 高級鍼灸施術 (90分): 12,000円~20,000円

  • オプション (美容鍼、整体、アロマテラピーなど): 2,000円~6,000円

どちらのビジネスモデルが利益を上げやすいかは、経営者のスキルや地域のニーズによって異なります。保険診療をメインにする場合でも、自由診療のメニューを併せ持つことで、利益を最大化することが可能です。また、自由診療をメインにする場合は、高品質なサービスやオリジナルの施術で差別化を図り、顧客獲

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page